委員会紹介

総務企画グループ

九州活性化委員会


委員長 光山敬一

副委員長 阿部和宣

副委員長 鐘ヶ江貴光

【基本方針】

委員会メンバー同士の交流を第一に考え出席率を重視した委員会を行っていきたいと考えています。そして博多21の会が中心となって九州を活性化するためにまずは九州の各県に21の会が出来ないかの検討をして行きます。

1年目は委員会で懇親を深めることに重点をおき、九州全体が活性化できる方法がないか、勉強会を通して探していきたいと思っています。

またこれからの福岡へのインバウンドの在り方を考え講師を呼び九州全体の活性化の為の勉強会を開催したいと思っています。

2年目からは九州内の地域へ21の会の同志を作ることを目的に交流の輪を広げられる活動をしていきたいと考えています。

総務企画グループとして今後の博多21の会の運営に関しても委員会として関わって行き委員会旅行や他委員会との交流も図りながら博多21の会全体が盛り上がる委員会になればと思っています。

【委員会の取組】

・九州内での21の会の新設の調査・支援

・くまもと21の会との交流支援

・台湾七心餐会との交流支援

・他委員会への積極的な参加

・総務機能としての事務局支援

会員コミュニケーショングループ

 アカデミー委員会


委員長 小林賢治

副委員長 中谷啓二

副委員長 増田純一

【基本方針】

博多21の会の入口であるアカデミー委員会は、新入会員さんへ強烈なインパクトと楽しさを伝える委員会でなくてはならないと思います。

新入会員と諸先輩方の親睦を深め、同グループの会員交流委員会との連携で、卒業後どこの委員会に所属しても安心して受け入れて頂けるメンバーの創出に努めたいと思います。

また、アカデミー配属後卒業までの委員会参加回数等を変更いたしました。

推薦者にも参加する回数を設ける事で責任を持って推薦していただける環境を整えております。

楽しく、思い出に残る委員会にして行きます。


【委員会の取組】

・3月観桜会

・4月博多にわか

・5月とおりもん

・7月追い山ならし

・8月海水浴

・9月放生会幕だし

・10月旅行

・11月還暦お祝い会

・その他、劇団ショーマンシップ観劇等


会員交流委員会


委員長 野田 始

副委員長 春山隆央

副委員長 黒田伸文

【基本方針】

博多21の会の力の源となっているのは交流です。メンバー同士の出会いは勿論、世代を超えて受け継がれてきた様々な機会を通じて出会い交流する事が出来るのが魅力です。

これまで培われてきた交流の意義を次世代へ繋いでいくのかを再認識し更なる原動力となるべく交流事業を実施し、参加してくれるメンバーの皆様一人一人が新たな気づきや学びを楽しめる大切な交流の場を提供出来るように委員会として取り組んで行きたいと考えております。

【委員会の取組】

会員交流委員会としては下記に挙げるスポーツを中心としたコミュニケーションで共に汗を流し理解し合う事で交流の楽しさを肌で実感できる委員会作りを目指しております。

・委員会対抗ボーリング大会(2月頃)

・委員会対抗ゴルフ大会(5月頃)

・能古島BBQ海水浴ファミリーレクレーション(8月頃)

・委員会対抗ソフトボール大会(10月頃)

・くまもと21の会との交流会(ゴルフ・ソフトボール大会)

・博多21の会大運動会

・スポーツ観戦(アビスパ福岡、ライジングゼファー福岡)

教育再生グループ

立志共育委員会


委員長 左座喜男

副委員長 前田 隆

副委員長 坂口優子

【基本方針】

博多21の会の歴史のなかで常に重要なテーマとされてきた「教育」。

2020年の教育改革で大きく変わる大学入試改革に象徴されるように、変化の激しい時代に社会の中で活躍できる人材を育むこと「自分で考え、表現し、解決する」という資質・能力がより一層いま求められています。

そのためには「学校・家庭・地域社会」の『共育』が不可欠であり、我々博多21の会がその一翼を担い、未来を担う若者にメンバー各々の経営や人生で育んできた理念や志を伝え、教育委員会で重要視されている「アントレプレナーシップ(起業家精神)教育」に協力し、次世代のたくましい人づくりに貢献していきたいと思います。

また、会員にはベンチャー企業もあれば老舗や千年以上続く神社等もありますが、常に創業者の起業家精神を持ち続け、時代に合った変化を加えながら経営をされており、それらを委員会での卓話等を通じ会員相互に学び合える委員会を目指したいと考えています。


【委員会の取組】

・ 教育委員会との協同事業で育む、教師、学生へのアントレプレナーシップ教育

・ 九大、福大をはじめとした社会に旅立つ若者への応援や心構えを伝える企画

・ 博多21の会メンバーの教育機関への講師派遣

・ 各メンバーの経営理念などを毎回語ってもらい、会員相互に学び合う委員会

健康経営グループ

 経営委員会


委員長 畑中敬史

副委員長 杉谷英範

副委員長 坂東孝浩

【基本方針】

博多21の会の背骨の1つである経営委員会。当会は、230名を超える会員数になりました。メンバー同士をより深く知る機会をつくり、会員企業の経営方針の勉強の場を設けたいと思います。また、外部講師を招聘し、卓話を通じて、超一流を目指して会員が楽しく、ためになる時間を作っていきます。

【委員会の取組】

・博多21の会の会員による卓話

・時代のニーズに合った外部講師を招き、超一流の経営者を目指す

・年に数回の会社訪問を行う

・他委員会との連携も積極的に行う


健康福祉委員会


委員長 高山成吉

副委員長 若林信之

副委員長 新村 優

【基本方針】

経営者にとって一番大切なことは、自らの健康です。今期より発足する健康福祉委員会は、経営者の置かれている立場に合わせた健康・福祉について考えたいと思います。

【委員会の取組】

①  医師及び福祉事業関係者による卓話

会員の世代によって求める内容が変わる可能性あり。会員の親に対する相談や、会員自身の健康など、幅広いトピックスを盛り込む予定。

② 従業員の健康及び労務

会員の多くが経営者であり、従業員の健康、労務に責任を持つ立場である。昨今開始されたメンタルヘルスについても話し合いたい。

③ 健康経営合同委員会による医療福祉ビジネスの勉強会

高齢化社会による将来的な病院ベット不足、またはインバウンドによる医療ツーリズムなど医療福祉先進国の日本は新しい分野としてのビジネスがまだまだ眠っています。今、どういう取り組みがなされているか、学んでいきたいと思います。

④ その他合同委員会

福岡市の人工流入と地域における認知症患者の共存は近い将来の課題です。

現状を知ることから始めます。

⑤ 肉体改造の実践

実際に肉体改造お手伝いします。

BJM(musle)、BJF(fitness)いかがでしょうか?

などを考えておりますが、皆さまからのご要望に応じて楽しい会にしたいと思います。

都市ビジョングループ

福博振興委員会


委員長 仁泉 浩

副委員長 三國直行

副委員長 東岡芳幸

 

【基本方針】

現在の福岡博多の繁栄があるのも、厳しい時代を乗り越え、ご先達らが、私心を捨て献身的に振興に尽力された賜物である。「公利に向かう高い志」を以て、現代の「豊かで活力ある福博の町をお築きいただいた」歴史こそ、博多21の会宣言に重ねて、我々がご先達に倣うところ。正しい歴史観を以て、愛する郷土に矜持を持ち、日本国が進むべき「夢ある未来」の構築に寄与する。

【委員会の取組】

1.福岡発展のなかで、天神が果たした役割を振り返る「天神発展史を識る」 

 益田啓一郎先生をお迎えし、全6回コース(6月を除く偶数月の開催)そのうち1回はウオーターフロント計画に関連した企画を。また、本来スポーツも当委員会でということでしたので、別企画で福岡のプロスポーツ発祥といえば西鉄ライオンズですから、

オールドライオンズファンにお喜びいただける企画も考えております。

2.古来から大陸との窓口として、多くの文化の発祥となった

「博多の文化・伝統に触れる」 

●博多部旧市街となる“博多部“の町歩き

●国指定無形民俗文化財となった「博多松囃子」関連の講演

3.アジアのリーダー都市として、福岡市近隣エリアとの協働で「インバウンド観光ビジョンを考える」

※次年度は、中世博多三傑と近代福岡三傑etc


街づくり委員会


委員長 二宮紀朗

副委員長 筒丸貴行

副委員長 宇加治恭子

 

【基本方針】

・街づくりに委員会は、博多21の会の憲章や宣言の精神に立ち返り、郷土を活性化する方策を提言・実行していきます。

・街づくりを通じて、ワクワクする委員会活動を行っていきます。

【委員会の取組】

博多21の会憲章の「3.私達は、「博多」の歴史と文化を心から愛するとともに、郷土の永遠の発展の為、継続的に活性化の方策を提言し、実践していきます。」の下線部分、並びに博多21の会宣言の「私たち博多21の会は 郷土を愛する者として公利に向かう高い志を培い 豊かで活力ある明日を築くことを誓います」の精神に立ち返り、郷土を活性化する方策を具体的に提言・トライ(実行)していきます。

委員会が行う「街づくり」の基準は、

・公共性(個人の利益を優先させないもの)

・子ども達の未来、未来の子ども達のためになること

・ワクワクすること

・多少難しくても将来的に実行可能であること 等。

福岡経済圏には何があって、何が足りないのか。

福岡という街は、どのようにして形成されてきたのか。

街づくりに関して委員会として、どのような提言/実行活動を行っていけばいいのか。

「やれること」ではなく、「やるべきこと」は何なのか。

郷土の人たちや国内外からの訪問者のために、委員会レベルで郷土の活性化として進められることを実践して参ります。

街づくり委員会の活動にご注目ください!

組織図